1人の時間を楽しむために

洗面所

マンションやアパートなど、1人で暮らしている人にとって、トイレはどんな場所でしょうか。
1人暮らしなので、どの部屋で過ごしていても、1人の時間を確保できているのですが、それでもトイレが一番落ち着く場所だと答える人もいます。
トイレだと集中できるので、勉強の暗記物をしたりする人もいます。
夫婦2人暮らしではどうでしょうか。新婚当初はどこでもくっついて楽しく過ごせるでしょうが、年月を重ねてくると1人の時間も欲しくなるものです。
書斎などがあれば、そこで1人の時間を作り、快適に過ごすことが出来ます。でも、マンションやアパートでは部屋数にも限りがあり、書斎を作るためには、大きくて広い物件に移らないといけない、ということにもなりかねません。
子どもがいる場合は、子供部屋の確保もあるので、書斎の実現は後回しになる家庭もほとんどです。
そんな時、やっぱり1人の時間を作るために使われるのが、トイレです。
家族の喧騒を逃れ、トイレで静かに新聞を読むというお父さんもいます。

その1人の時間を確保できるトイレは、快適に整えたいものです。もし、落ち着かない空間であるならば、リフォームによって自分の理想空間に生まれ変わらせてあげましょう。
自分の思い描く空間を実現できれば、もっと快適で住みよい暮らしを手に入れることができます。

朝の癒やしを得るために

洗浄ボタン

大家族で住んでいる場合、朝はトイレの稼働率がすごいものとなります。
一つしかない場合は、トイレを増やすリフォームを考えたほうがいいかもしれません。
マンションで大家族で暮らしている場合、二部屋買うなどの対処も必要かもしれません。

朝起きて、すぐトイレに行くという人は多いでしょう。家族が多ければ多いほど、奪い合いとなります。そうなるとトイレが癒やしの空間ということは無くなってきます。
少しでも短く済ませるようにしていかなければなりません。でも、トイレの数を増やせば、一人一人のトイレの時間を確保できて、落ち着けることも出来ます。
ゆったりとした朝の時間を過ごすためにも、トイレの増築のリフォームは必要かも知れません。そのリフォームにより、家族に心の余裕が生まれます。

世界に誇る発明品

しっかりしたトイレ

トイレは極めてプライベートな空間です。日本のトイレは、快適で優れていると言われています。
ウォッシュレットは日本が世界に誇る発明品で、海外からの旅行者が、おみやげにウォッシュレットを買っていく人もいるくらいです。
水を出しておしりを洗ってくれるばかりか、温風を出して乾燥もしてくれます。水の量やリズムも調整できて、とても快適な時間を過ごせます。
ウォッシュレットは、痔などを持っている人にも優しいと喜ばれています。トイレットペーパーでお尻を拭くと、痛くて血が出てしまうことがあり、痔の人にとってはとてもつらいものです。
でも、ウォッシュレットを使えば、ペーパーを使う必要もなくなり、痛みを伴うこともないので、とても快適に用をたすことが出来るのです。
トイレのリフォームを考える際には、ウォッシュレットに変えることも考えてみましょう。

マンションを購入する際にも、トイレがきちんとしているかチェック項目に入れておきましょう。
トイレがしっかりしていると、水回りもきちんとしていると言えますので、厳しく見ておきましょう。